複雑な人間関係に巻き込まれる保育士

複雑な人間関係に巻き込まれる保育士
保育士のプレッシャー

保育士のプレッシャー

保育士は子供を預かる立場のため、一緒に過ごす子供に対してはもちろん、その親に対してもプレッシャーを感じる仕事です。保育士の仕事は親が子供を見ることができない間、安心して預けられる場所を作ることが仕事と言えます。そのため子供が怪我しないようにすることがプレッシャーになるように見られがちですが、実際には人間関係にプレッシャーを感じていることが多いです。

職場の人間関係

職場の人間関係

子供が怪我をしないような安心して預けられる場所を一緒に作っていく同僚など、一緒に仕事をする職員との人間関係は退職するまでずっと続いていきます。そのため、顔を見たくないほど嫌いになってしまったり、挨拶することすら嫌悪感を抱いてしまうような職員の存在があるととても苦痛です。先輩保育士からの嫌がらせや陰口などによって心を病むこともありますし、若いうちは特に先輩に囲まれて仕事をするため強いストレスを感じることがあります。経験を積んで仕事がある程度できるようになってきたり、年齢を重ねることで思い悩むことも少なくなってきますが、新人の頃は難しいものです。
なによりこの人間関係があると、嫌がらせをするような職員がいる場合には、その職員の前ではミスをして弱みを見せないようにしなければというプレッシャーを感じることがあります。これも経験によってミス自体が減るため特に気になりませんが、新人の頃であればミスをすることは当然ありますのでよりプレッシャーに感じてしまいます。

女性の多い職場

女性の多い職場

保育士の職場は女性が多いことから嫌がらせを受けたり、女性特有の陰口や理不尽な態度を取られることなどが珍しくありません。そして保護者のママ友同士の関係から気に入らない保育士を集団で攻撃することなどもあります。

女の職場では、人間関係の悩みが尽きません。いじめの問題も珍しいことではないのです。また、保護者と関わる中でとんでもないクレームをつけられたり、理不尽ないやみをいわれることも多く、ストレスは溜まる一方です。

「引用:FINE!保育士」

【公式】FINE!保育士

「FINE!保育士」は保育士に特化した転職サイトで、保育士の求人情報などはもちろん保育士のためのコンテンツを配信しているサイトです。

FINE!保育士

職場での人間関係で女性特有の面倒な関係に巻き込まれるとなかなか脱却しづらいものがあります。そしてこのような状態になることでわからないことを周囲に聞きづらい環境が出来上がってしまい、自分でなんとかしなければとプレッシャーを感じてしまうことも多々あります。