考え方を切り替えて前向きに捉える

考え方を切り替えて前向きに捉える
プレッシャーとの付き合い方

プレッシャーとの付き合い方

仕事に真面目に取り組んでいる人ほどプレッシャーを感じやすく、責任感が強ければ強いほどプレッシャーを強く受けやすい傾向があります。そのため仕事で何かを成し遂げていくにはプレッシャーを感じながら、それらと向き合っていくことが大切になります。しかし、プレッシャーはストレスにもつながるものなので、プレッシャーに潰されてしまうと最悪うつ病を発症してしまい仕事が続けられなくなることもあります。そのため、プレッシャーとの付き合い方を上手になって、プレッシャーに負けないで仕事を楽しめるようになりましょう。

考え方を前向きに

考え方を前向きに

プレッシャーを感じやすい人、強く受けやすい人というのは冒頭でも触れましたが、責任感が強く真面目な人です。つまり、責任感が強くて真面目に仕事を頑張っている人、努力している人がプレッシャーを感じるということが言えます。適当に仕事をしていたり、楽をしようとしている人はプレッシャーを感じることもありません。
そのため、プレッシャーを感じているという人はまず自分を褒めるところから始めましょう。プレッシャーを感じるということは努力している証拠です。現在感じているプレッシャーは嫌なものではなく、努力している証拠として考え方を前向きにしましょう。

上手くいかないが普通

上手くいかないが普通

上手くいかないことに「どうしよう」と考えてより一層プレッシャーを受けてしまう人がいますが、そもそも上手くいっているというのは特別なことです。上手くいかないのが普通で、上手くいっている時は調子が良いというだけで常に上手くいく必要はありません。仕事が上手くいかないこと全てを悪として捉えずに、これで十分という納得のハードルを下げましょう。上手くいかないのが当然で、上手くいけばラッキーくらいで考えておくと失敗に対するプレッシャーを軽減することができます。

モチベーションへ変える

モチベーションへ変える

プレッシャーを感じる仕事というのは重要な場面ですので、つまり大きなチャンスでもあります。失敗した時のことばかりを考えると失敗できないというプレッシャーになりますが、成功した時のことを考えると成功したいというモチベーションに変化させることができます。プレッシャーを感じているということは、そもそもその仕事が重要な仕事であると認識している証拠ですので、そのプレッシャーを成長するための糧として、チャンスであると前向きに捉えましょう。
このようにプレッシャーを味方にするにはちょっとしたコツがあります。すぐにはできないかもしれませんが、興味のある人は参考にすべき本を紹介しますので読んでみてください。

プレッシャーを味方にできる人 50の方法: 心が不思議なほど強くなる本

マイナスなプレッシャーの捉え方をプラスに変えて、プレッシャーを仕事の武器にする方法を紹介しています。

プレッシャーを味方にできる人 50の方法: 心が不思議なほど強くなる本